ぶんせい よんき あつまって ね

このブログは、TAM研しように移すことにします

もうすぐ春。
しばらくして、このブログの役目は、
TAM研しよう、に移すことにします。

こぐれ日乗
アーツマたちばな
TAM研しよう http://tamken.exblog.jp/

この三本立てでやっていこうと思っています。

あと、mixiの利用をどうするのかが課題かな?

[PR]
# by bunsei4ki | 2007-02-15 15:02

専門演習Ⅱのレポート

専門演習Ⅱのレポート

卒業研究案について  複数ある場合は複数書くこと
① タイトル  サブタイトルをつけるなど具体的に
② 概要  動機や目次案(箇条書き)
③ 方法  アンケート、ヒアリング、現地調査などの案
④ 参考文献・サイト  まだ読んでいない予定のものもいっぱい調べておく
               著者、出版社、出版年、アドレスなどを忘れずに

提出期限 1/22(月)のゼミ時間 1/22がこれない学生は、1/15(月)に提出すること
書式  A4 1~2枚
[PR]
# by bunsei4ki | 2006-12-19 07:27 | 専門ゼミ連絡

4回生ゼミの卒業研究中間報告会

4回生ゼミの卒業研究中間報告会について

10月2日(月曜日)の13時からはじめたいと思います。
原則名簿順です。12名 20分ずつ。
3回生のゼミ生ははじめの4名のみ3限目に聞くことが出来ます。
もし、授業が入っていなかったらそのあともぜひ聞いてください(5限目もしていますよ)。

4限目4名、5限目4名となります。
ということで、大学院の講義もゼミ生の発表となりますが、大学院生も聞いて指摘して欲しいので、よろしくお願いします。

発表するペーパーの部数は22部用意してください。少しあまるかも知れませんが・・
ペーパーは、卒業研究のタイトル、前文、目次案、あとは書いたところまでや文献一覧などです。引用したものはすべて表示するよう気をつけてくださいね。
[PR]
# by bunsei4ki | 2006-09-01 10:51 | 専門ゼミ連絡

この前のゼミの風景がサイトになっています

http://www.biwa.ne.jp/~sanapi/kk.html

もし、動画とかで、このような形で出るのはちょっと・・・・と思う人などがありましたら、
ご連絡ください。
[PR]
# by bunsei4ki | 2006-07-06 12:59 | 専門ゼミ連絡

エッセイを書いた。これよりも少し字数制限で短くしたので、もとの原稿を

アップしておこう。

なお、ここに登場する学生は京都橘大学生ではないです。
消費社会に身を置いて~学生はその矛盾を感じている~

ある大学生の話を聞いた。

その学生は、洋服屋でアルバイトを始めた。下宿のすぐそばのショッピングセンター、ちょうど通勤帰りの女性たちが、普段着のバリエーションを増やすためにやってくる郊外の駅前チェーン店。意外と来客の多いそんな夜の数時間が彼女の勤務タイムであった。その前はやはりスーパーのレジ打ちをしていたが、空しくなってやめた。

その仕事より今度の仕事はやりがいがあり、働くためには生きたコミュニケーションがどんなに必要であるかを痛感した。さらに、この学生が10代のころ、どんなパーツの組み合わせがいいのかをアドバイスしてもらっていたお店での体験が役立った。お客の少ないときは買わないのにどんどん似合いそうな洋服を試着させてもらって何が似合うのかを教えてもらっていたからだ。

自分以外は売り上げが給料に関係するために、確かに、他のスタッフは、自分ほどのほほんとしているわけではないとは感じではいたが、職場環境もよくて気持ちのいい数ヶ月が過ぎた。OLの常連さんたちのほか、土曜日など、自分よりも少し年下の高校生がやって来て初めて制服以外の私服を探したりする。そういうファッションとのお付き合いことはじめになる貴重な時間のお手伝いをすることは、売り上げを伸ばすことと同じぐらいに大切なことだと、少なくともアルバイトの自分は感じていた。

そんなある日。常連のOLがやってきた。昼間かなりのストレスになる事件があったようで、そんな会話を店の人としている。そして、目を疑ったのは、そのあとの購買行為だった。明らかに、それはこの前買われた洋服と類似している。それだったら、もっと違うパーツを、あるいは、新製品が入った後まで待たれては。口に出していいたかったが、いえなかった。そのお客さんが大きな袋を持って帰ったとき、目の周りがうるうるしてきた。泣いてはいけない、笑顔!と心で思うのだが、涙が溢れてしまう。仕方がないのよ。消費社会だから。店長も優しく慰めてくれる。でも、涙が止まらない。

その次の日、この素敵な職場をやめることにした。本当の理由は言えなかった。少し言おうとしたがわかってもらえそうにないからやめた。

私の学生たちの中でも、アルバイトをしていて大学に来られないということがよくある。けれども、こういう経験をして時代の矛盾を体で知っているのかも知れない。だから、集まらないゼミの時間など、話を聞いたこの学生のことを思っては、仕方がないとつぶやいていたりする。

[PR]
# by bunsei4ki | 2006-07-02 08:38

専門演習をする最後のメンバーになりそうです

それにしても
ひっそりと
おまつり
なのね
ほっ

[PR]
# by bunsei4ki | 2006-06-25 21:44 | こぐれより



4期生こぐれゼミ関係のサイトです
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30